プロフィール


伝わる文章の書き方・講師/赤羽博之
私が文章力アップをお手伝いします!

 

 

 

 

 

赤羽博之(あかばね・ひろゆき)

伝わる文章の書き方・講師

フリーランス編集者&ライター

耕文舎 代表

 

 

 

 

 

「仕事は投げないで!」★自己紹介に代えて

 

1956年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業後、8年間の出版社勤務などを経て、1999年、フリーランスの編集者として独立。2002~08年、イオンカード会員向け月刊生活情報誌『mom(モム)』編集長。2008~12年には「nikkei net」(現;日経電子版)企画制作ディレクターを務める。

 

25年を超える編集・制作現場での経験をベースに、2007年から文章力アップ研修・セミナーの講師として活動。2017年7月~18年6月の1年間には企業・団体研修などで105日間登壇

「セミナーを終えたあと文章力アップのためにどうすればよいか、という着地点までが明確」「日々の業務を行う上でおろそかになりそうな部分について、あらためて個々が考え直す機会をいただき大変感謝している」などの声が研修担当者から多く寄せられている。

 

保育士向けの文章力アップ研修では、これまでに山形県~鹿児島県まで40ヵ所の保育施設、行政機関、団体・企業などに延べ83回の研修・講演をお届けしている。(2018年12月28日現在)

 

2013年に上梓した著書『すぐできる!伝わる文章の書き方』は、「具体的に書かれていて、分かりやすく実用的」などの声が多く寄せられ、2019年4月現在「12刷」のロングセラー。

 

東京・西東京市で妻と猫との3人暮らし。趣味は落語を聞くこと、一口出資馬の応援。

 

【著書】

『すぐできる!伝わる文章の書き方』

(日本能率協会マネジメントセンター/2013年3月刊/12刷)

『きちんと伝わる! センスのよい文章の書き方』

 (日本能率協会マネジメントセンター/2019年6月刊)


ダウンロード
ダウンロード用プロフィール(A4サイズ1枚)はこちら
プロフィール(赤羽博之)20190407.pdf
PDFファイル 246.0 KB

【主な講演・研修】

講演・研修の実績こちらをご覧ください。

 

【主なレギュラー講義】

ライタースクールLETS/主催・サンケイリビング新聞社(2007年~)

・ベーシックコース

・アドバンスコース

・筆力アップゼミ(赤羽ゼミ)

 

朝日カルチャーセンター 横浜

・伝わる文章を書く 7つのポイント(2012年)

・書くことが“もっと”楽しくなる 文章力アップ講座(2012年)

・3回で身につく~初めての文章レッスン(2013年)

・シンプルに伝える~大人の文章レッスン(2013年~)

 



 

 

【仕事歴】

さらに詳しい情報が必要でしたら、以下をご覧ください。

 ↓ ↓ ↓


1.編集者としての駆け出し時代


辰巳出版株式会社

在籍=1981年2月~1989年1月/雑誌編集部勤務

漫画誌、グラビア誌、パソコンゲーム攻略誌などの編集業務全般を担当

 

漫画の原作づくり、作家との打ち合わせから、モデル選考、撮影立会い、レイアウト、原稿作成から印刷所とのやり取り、校正まで、編集実務全般を経験し学ぶ。

 

株式会社日本電気文化センター

(現・NECデザイン&プロモーション株式会社)

在籍=1989年4月~1990年1月/出版部勤務

NECのパソコンユーザー向け情報誌などの編集業務全般を担当

 

雑誌などの編集業務を担当すると同時に、見積書、請求書、提案書、報告書などNEC本社、関連会社に向けたビジネス文書を頻繁に作成しスキルを習得。


2.ライターとして「書く」に明け暮れる


日本リサイクル運動市民の会(現・らでぃっしゅぼーや株式会社)

在籍=1990年5月~1998年8月/企画制作部、代表室勤務

有機野菜宅配会員向け月刊誌、週刊紙、カタログなどの編集業務全般ほかを担当

 

編集業務の傍ら、代表者(当時)の草稿担当の指名を受け、在籍8年の間に書籍3冊(発行;朝日新聞出版社、築地書館ほか)、多数の印刷物の草稿を担当。文字通り「書きまくる」日々を過ごす。


3.フリーランスの編集者として独立


1999年1月~

当初は主に単行本の編集・リライト(原稿作成)、新聞・雑誌広告の企画編集業務等に従事

 

『自分を信じて生きる~インディアンの方法』(松木正著・小学館)

『自然語で話そう』(広瀬敏通著・小学館)

『まなびの時代へ』(ワークショップ・ミュー編著・小学館)

『ボランティア~21世紀の社会人』

(ワークショップ・ミュー編著・亜紀書房)

以上4冊の書籍編集・書籍原稿のリライトなどを手掛ける。


4.イオンカード会員誌『mom』編集長 業務を受託


2002年8月~2008年1月

イオンカードの会員向け月刊生活情報誌『mom』(約28万部発行)編集長業務を受託

 

30人ほどのスタッフと共に毎月100ページの誌面を制作。号ごとの発行元への企画プレゼン~調整、役割分担調整、制作予算調整および編集会議開催などに編集責任者として従事。5年半の在任中、不景気、出版不況のなか発行部数を概ね維持するとともに、A4変型判の雑誌6600ページ分の原稿に“愛の赤ペン”をふるう。


5.「nikkei net」企画制作ディレクター 業務を受託


2008年3月~2012年3月

日本経済新聞社「nikkei net」(現;日経電子版)企画制作ディレクター業務を受託

 

「nikkei net」内のタイアップ広告コンテンツの企画制作ディレクターとして、クライアントへの企画提案、取材、原稿リライトほか制作進行全般に従事。並行して、メールを媒体とする広告商品「日経IDターゲティングメール」の進行、制作も担当。


6.講師としての活動をスタート


2007年11月~

『mom』編集長在任中の平成19年に講師としての活動を開始

 

サンケイリビング新聞グループが主催する“女性専用”エディター・ライタースクール「LETS」を始め、首都大学東京や芝浦工業大学の市民講座、朝日カルチャーセンターなどで 「わかりやすい文章」を書くために必要な“心構えと技術”について自身の体験をベースに伝える。レギュラーで登壇しているエディター・ライタースクールでは「熱血講義の名物講師」「厳しくも温かい指導で定評~」という評価を得る。


7.『すぐできる! 伝わる文章の書き方』上梓


2013年3月

『すぐできる! 伝わる文章の書き方』上梓

 

本ウェブサイト( http://www.kakimono-navi.jp/ )が出版社(日本能率協会マネジメントセンター)の目にとまり、2012年8月に原稿執筆~出版のオファーを受け、受託。翌年3月に上梓。2019年4月に第12刷となるロングセラーに。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

>講演・研修の実績はこちら

>講演・研修の「ご提案」はこちら


講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…