■定番メニュー

心に届く、心を動かす「文章力」を身につける!

“課題文”の事前提出でじっくり学ぶ

伝わる文章を書く7つのポイント

パソコン、プロジェクター、60型スクリーン~必要な機材は持参します!

 

企業・団体・士業様の研修、勉強会などにピッタリ!

個別指導のメリットを取り入れた文章力アップ講座

日本国内どちらへでもお届けします。

 シンプルな「7つのポイント」で文章力をつける!

若手の文章指導、いろいろとご苦労が多いことでしょう。“一筋縄ではいかない”原因は、主に次の2つです――。

 

1.文章は“その人”そのものであること

文章を否定、修整されることは、書いた人にとって“心の負担”になります。そのため、「相手を傷つけまい」とする気持ちが、指導の「甘さ」につながってしまうケースが多々あります。

 

2.能力、経験などが1人ひとり違うこと

画一的な助言や指導だけでは、さまざまな個性に対応しきれません。そればかりか、無用な反発を招く要因ともなります。


――これらの問題を克服し、仕事で「結果を出す」文章の書き方を習得させていこうとする場合、最も有効なのは個別指導。しかし、一般的な研修や講座では実現が困難です。

 

「伝わる文章を書く7つのポイント」は、最大25名様に受講いただきながら、同時に1人ひとりに合ったきめ細かい文章指導を行う講座。事前に提出いただく「課題文(150字)をもとに教材を作成~内容を組み立てます。

 

当日は講師のオリジナル・メソッド「7つのポイント」(以下)を、それぞれの課題文の中から抽出~書かれた方へフィードバックすると同時に、全体で共有していく――という独自のスタイルで進行します。 

 

1.短く書く

2.重複を省く

3.文末でリズムを生む

4.ポイントを絞る

5.具体的に書く

6.句読点は考えて打つ

7.客観視する

 

一般的な例文での解説に比べ、ポイントが深く印象に残る=文章を書くコツが身につくことは、ご想像のとおりです。

 

7つのポイント(文章作成手法)は、雑誌『AERA』(2013年7月29日号)にも掲載された、講師・赤羽博之のオリジナル・メソッド。

 

この講座でお伝えするポイントを活用すれば、誰でも伝わる文章、簡潔でキレの良い文章が書けるようになっていきます。

 「課題文」事前提出のメリット

 

事前に課題文を提出いただく最大のメリットは、その時点でどんなアドバイスが「その方」にとって最良なのかを考え、書かれた方の気持ちに寄り添いながら講座を進められることです。

 

また、受講される方、全員の文章力を事前に把握することにより、講座の内容を組み立て、教材を作成する時点から、きめ細かな難易度調整が可能です。

【教材例】書き手の気持ちに寄り添いながら…
【教材例】書き手の気持ちに寄り添いながら…

 

参加される方にとっては、ご自身の文章の特徴、クセ、改善方法に気づくとともに、普段はあまり触れる機会のない、同僚や仲間が書かれた文章からも「学ぶ」ことができる貴重な時間となります。

【教材例】推敲のレベルも参加者の力量に合わせて
【教材例】推敲のレベルも参加者の力量に合わせて

 ビジネス文書、ビジネスメールなどに幅広く応用可能

この講座で身につけていただくのは、ビジネス文書、ビジネスメール、SNSやブログでの情報発信などに幅広く応用できる文章力。一流アスリートが「体幹を鍛える」ようなイメージです。


簡潔明瞭なメールを書く人は、それ以外の文章もきちんと書ける――。これは「体幹」に当たる文章力がしっかりしているから。


シンプルな方法を身につけて文章力のベースを築くことが、応用力のある、本当の意味での「書ける人」になる近道なのです。

 

 語彙力、構成力を育てる方法も具体的に!

より豊かな文章表現をするためには、アタマの中の「日本語データベース」を育てる必要があります。このデータベース(=辞書)が的確な判断を下して初めて、より良い文章が生み出されるのです。


この講座では、「その日から使える」即効性のある内容と並行して、豊かな語彙力に基づいた、より確かな文章力、構成力を身につけていく具体的な方法もお伝えします。

 

 講演・研修の実績
NPO法人 白川郷自然共生フォーラム様での研修
白川郷自然共生フォーラム様での研修

“文章力アップ”講座

「伝わる文章を書く7つのポイント」は、

・安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター様8回実施 長野県小諸市

・伝える技術セミナー事務局様(沖縄県那覇市)

・東京都行政書士会 町田支部様(東京都町田市)

・コムサポートオフィス2回実施 兵庫県豊岡市)

特定非営利活動法人これからの学びネットワーク様(広島市)

・NPO法人 白川郷自然共生フォーラム様(岐阜県大野郡)

・オフィス今岡様(大阪府箕面市)

・株式会社 ル・プロジェ様(福島県郡山市)

・日能研様2回実施 神奈川県横浜市)

・日本環境教育フォーラム様(東京都新宿区)

 

・オリンパス株式会社様2017年10月2日間予定 東京都渋谷区)

・コムサポートオフィス2017年10月予定 兵庫県豊岡市)

 

――などよりご依頼をいただき、講演・研修を実施してまいりました(予定含む)。

 

>講演・研修の主な実績はこちら 

>講演・研修の満足度など「お客様の声」はこちら

 

 プログラム例

標準所要時間;15名様まで=2~3時間

       20名様まで=3~4時間

主な内容

手法

1.伝わる文章を書く7つのポイント①(事前提出「課題文」の講評~全体で共有)

(1)短く書く

(2)重複を省く

(3)文末でリズムを生む

   ※項目ごとに「プチQ&A」実施

講義

ワーク

2.伝わる文章を書く7つのポイント②(事前提出「課題文」の講評~全体で共有)

(4)ポイントを絞る

(5)具体的に書く

(6)句読点は考えて打つ

(7)客観視する(第三者の目で読み返す)

   ※項目ごとに「プチQ&A」実施

講義

ワーク

3.確実な文章力アップへの習慣

  日本語データベース体内版「ことばの森」を育てよう!

講義

4.質疑応答

 

※事前提出いただく課題文(全員分)を解説する際の「例文」として取り上げます。

※課題文が未提出でも受講は可能です。

※ワークは基本的に「個人ワーク」です。

※「プチQ&A」は進行状況によって割愛~最後の質疑応答と統合する場合がございます。

 

 「お問い合わせ」から「講座当日」までの流れ

 

 お問い合わせ

(1カ月以上前)

  ▼

以下の内容をフォーム(詳細欄)にてお送りください。

1.ご希望の日時(詳細未定でも大丈夫です)

2.ご希望の場所(     〃     )

3.参加される人数(予定)

4.その他、ご予算、ご要望など。何でもご相談ください!


ご回答とご説明

  ▼

24時間以内をメドにお返事(メール)をお送りします。
細部はメールのやり取りをしながら詰めていきます。

 お申し込み
 (1カ月前)

  ▼

開催日時、場所を確定していただきます。

※開催日時のご希望には沿いかねる場合もございます。ご了承ください。

※当日の備品類について、メールにてお打ち合わせをお願いいたします。


 

 課題文ご提出

(2週間前までに)

  ▼

課題文(150字)をメールで一括してお送りいただきます。

※課題文のテーマなど詳細は、お申し込み後にお知らせいたします。

※以降のキャンセルには所定のキャンセル料が発生します。



 講座当日

講師/赤羽博之は開講40分前をメドに会場をお訪ねします。

※配布いただく資料は1週間前をメドにPDFデータでお送りします。当日までにプリントアウト~ご準備ください。


 受講された方のご感想

 受講された方からは、毎回“熱い感想”をお寄せいただきます。

 ↓ ↓ ↓

「教えていただいた翌日から、早速仕事のメールに使えて大満足でした」

(会社員/○歳/女性)

 

「わかりやすい文章を書くための“7つのポイントは、早速、翌日からデスクの目につくところに貼っています

(公務員/28歳/女性)

 

「受講直後から文章を見る視点が変化し、脳みそが違う動きをしているような気がしています。本気で伝えようとしている、先生の愛情を感じました」

(まちづくりコンサルタント/47歳/女性)

 

文章作成のポイントがとても分かりやすかったです。機会あれば、またぜひ受講したいです」

(福祉施設職員/40歳/男性)

 

1人1人の文章と真剣に向き合う赤羽さんの姿に、心を揺さぶられました」

(ウェブ制作/41歳/女性)

 

>参加者の感想はこちら

>実際の「アンケートシート」(同じ内容の公開セミナー)はこちら①

>実際の「アンケートシート」(同じ内容の公開セミナー)はこちら②

 

 費用

■定番メニュー

「伝わる文章を書く 7つのポイント」の講師料(基準額)は以下のとおりです。(2017年7月現在)

参加人数/主催者         講師料(基準額)

参加人数=15名様まで

(所要;2~3時間

企業・団体様が主催される場合
個人様が主催される場合

 


120,000円(税別・応相談)
※ご相談ください。

参加人数=20名様まで

(所要;3~4時間
企業・団体様が主催される場合
個人様が主催される場合

 

 

140,000円(税別・応相談)
※ご相談ください。

・講師料はご予算、講義内容、時間等によりご相談のうえ決定いたします。

・講座内容のカスタマイズをご希望の場合、別途費用が発生するケースもございます。

・遠方への交通費(西武新宿線・西武柳沢駅から会場までの往復に要する費用)、必要な場合の宿泊費等は別途ご負担をお願いいたします。

 

※公共機関及びそれに準じる団体様、企業様などで「ご予算」が決まっている場合も、可能な限りご要望に沿えるよう努力いたします。お気軽にご相談ください。

 

 お気軽にお問い合わせください

講義内容、日時、会場、設備、人数、費用などについては、細かく連絡を取り合いながら、ご相談~調整させていただきます。まずはこちらのフォームから、お気軽にご相談ください。

講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…

 講座の“雰囲気”をご覧ください

少しお時間のある方には…

【プチ文章講座①】長い文は、なぜ伝わらない?

お急ぎの方は…

【プチ文章講座②】私たちが出合う文章の種類とは?

 ほかにもこんなご提案がございます

「伝わる文章を書く 7つのポイント」のほかにも、以下のご提案がございます。

保育士さんのための“文章力アップ”研修

“文章力アップ講座”すぐできる! 伝わる文章の書き方

“文章力をつける”オーダーメイドの講演・研修プラン

 

以下のようなテーマのご提案準備、講演・研修実績もございます。お気軽にお問い合わせください。

 

自分史を書く方のための文章基礎講座」

「4時間で“部下の文章指導”に自信を持つ!」

若手NPO職員自然学校職員のための“伝わる文章”の書き方」

士業の皆さんのための“伝わる文章”の書き方」

 

>詳細はこちら


講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…

講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…

◆著書のご紹介

『すぐできる!伝わる文章の書き方』赤羽博之・著(日本能率協会マネジメントセンター)

すぐできる!

伝わる文章の書き方

赤羽博之・著

日本能率協会マネジメントセンター

1,300円+税

◆最新情報は

facebookで発信中

◆最新のブログ記事

大推敲!勝手にビフォーアフター

推敲百話【43】あなたの文章が“相手にされない”本当の理由
>> 続きを読む

推敲百話【42】「あなたの文章が読まれない意外な理由」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【41】「荷物と修飾語は軽いほうがいい」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【40】「澄むと濁るで大違い」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【39】「日本語はむずかしい」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【38】「環境省が地球温暖化を“推進”する!?」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【37】「“温”と“暖”のややこしい関係」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【36】「コピペで謝罪広告は危険!」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【35】「胸を張って“なすりつける”と言えますか?」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【34】「変身するプリンタ用紙」の巻
>> 続きを読む

Copyright by Ko-bunsha GK.

All rights reserved.