参加者の感想コメントをご紹介します
伝わる文章の書き方・講師/赤羽博之

 

 

■定番メニュー

「伝わる文章を書く7つのポイント」

すぐできる! 伝わる文章の書き方」

参加された方のアンケート結果の一部をご紹介します。

 

あたたかい感じのある講座でした。

今年の目標が「伝わる文章を書くこと」なので、とてもタイムリーでした。簡単な文章を参加者各自が推敲する時間があるとよかったかもしれません。

(助産師・農業/41歳/女性)

 

1人1人の文章と真剣に向き合う赤羽さんの姿に、心を揺さぶられました

赤羽さんの文章への向き合い方を通じ、人との向き合い方を教えて頂いたような気がしています。何かを伝えようとすることって素敵だな、誰かを理解しようとすることって素敵だな、と心から思いました。

(ウェブ制作/41歳/女性)


ひとつひとつの添削に対して「もっと良くできないか?」講座中も考えていらっしゃったのが印象的でした。

(フリーター/24歳/女性)

 

赤羽さんの「伝えたい」という思い、参加者全員に満足して帰って欲しいという思いが溢れていて、あっという間の150分でした

成人の集中力はせいぜい持って1時間程度。大学の講義だって90分で終わりなのに、聴衆を引き付けて止まない技量はさすがですね! それでも、まだまだ続きを受講したい思いにかられました。

(編集・ライター/49歳/女性)


分かりやすく伝える努力をすることは

媚び諂うことではない。

 

伝えたい相手を見つめることは

自分から離れていくことではない。

 

目的を持って伝えることと

相手を操作することは違う。

 

自分の感じるニュアンスにこだわることと

自分の表現に固執することは違う。

 

講座に参加して、認識をあらためたことです。

(グラフィックデザイナー/33歳/男性)

 

自分自身が、そして参加者みなが書いた文章を素材にしての講義は、体に染み込んでいきました。一般論を聞くだけではこうはいきません。「句読点には神様がいる」「空白も文字数」など要所にちりばめられたキーワードは、簡潔ながら的を射ていました。

赤羽さんのテンポよい解説は時間を感じさせませんでした

(公務員/42歳/男性)

 

てんこ盛りのテクニックを教えていただきました。手書きしたメモを、忘れないうちに箇条書きにしたいと思います。

(NPO法人スタッフ/45歳/女性)

 

文章のプロとしての長年の経験のエッセンスをとてもわかりやすく伝えていただきました

即効的なテクニックだけではなく、「ことばの森」を育てる方法を教えていただけたのがよかったです。原稿用紙を早速買って、昨日から新聞のコラムを書き写しています。

(テクニカルライター・ウェブ制作/49歳/男性)

 

文章作成のポイントがとても分かりやすかったです。機会あれば、またぜひ受講したいです

(福祉施設職員/40歳/男性)

 

言葉をつなげて文にするのが苦手で、長い文章を書くことを避けていました。しかし、長い文は短い文の繰り返しであり、その短い文こそ大切で、つまんでみたり、ひっくり返したりとさまざまな方法があって楽しいなと素直に思いました

プロさえ悩ませる日本語の表現をもっと知って、よい文章を書けるようになりたいです。

(主婦/30歳/女性)

 

大変勉強になりました。質疑の時間などもう少し双方向でやり取りができる時間があれば、よりありがたかったです。

(NPO職員/36歳/男性)

 

赤羽先生が全人格をさらけだして教えて頂いたことに心から感謝しています。

今まで大勢の前で話すことや、大勢の人に当てた文章を書くことがとても苦痛で避けていました。今回の講座を受けて「なぜ苦痛なのか」を理解でき、また、書くことだけでなく、大勢に対するコミュニケーションのポイントを学ぶことが出来たと思います。

(会社員/43歳/女性)


プロの方がどのように考え、どのような点に気を付けて推敲されているのかを具(つぶさ)に見ることができ、とても貴重な体験をさせていただきました。わかりやすい文章を書くための「7つのポイント+4つのT」は、早速、翌日からデスクの目につくところに貼っています。

「相手にわかりやすい」文章を書くには、「相手を思いやること」が大事と学びました。赤羽先生の言葉の端々に我々への「思いやり」が感じられたのです。

(公務員/28歳/女性)

 

ポイントが絞られていて、かつ具体的な教えがある講座。受講直後から文章を見る視点が変化し、脳みそが違う動きをしているような気がしています。本気で伝えようとしている、先生の愛情を感じました

(まちづくりコンサルタント/47歳/女性)

何より、ほめる言葉がすばらしい。

欠点を指摘するのは簡単ですが、じゃあ、どうすればその人がうまく書けるようになるのか。文章を書く力を育てようというアイ(愛)を感じました

(編集者/49歳/女性)

文章を書くのが苦手な私。なんとかしたい!いや、なんとかする!と思って応募した今回のセミナー。結果、参加して大正解。中でも「文章は引き算」が一番の収穫。

今では文を作ることが面白いと感じる自分がいますまた機会があれば参加したいと思います。

(大学院生/26歳/男性)

あっという間の2時間でした。提出された課題文に対しても決して否定することなく、皆が安心しリラックスできる雰囲気がとても心地良く、楽しい授業でした。

文章の行間から、書き手の人生や心理状態まで当ててしまうのは、あっぱれでした。「伝える」ということを本格的にやりたい!と思ってしまうくらい影響を与えられてしまいました!

(NPO法人職員/41歳/女性)

同じ内容の文章であるのに、少し気を配るだけで大きく伝わり方が変わる文章のビフォー/アフター~変身ぶりに驚きました

物事に向き合う姿勢がとても丁寧でいらっしゃって、真摯であることがいかに大切かと大変勉強になりました。言葉のはしばしに先生の優しさがにじみ出ていて、私もかくありたいなあと思いました。

(主婦/40歳/女性)

「わかりやすい文章を書く7つのポイント」というタイトルどおりのわかりやすい講義だった。参加者の資質をいかし、丁寧にまとめられていた。

(編集者/65歳/女性)

文章を書くには訓練が必要とわかりました。行間からいろいろなことが読み取れるということも大変勉強になりました。フィードバック(講評)を参考に、無駄を省く文章が書けるように心がけたいと思います。

(メーカー広報担当/48歳/女性)

教えていただいた翌日から、早速仕事のメールに使えて大満足でした。

(会社員/○歳/女性)

ユーモアと愛情あふれる添削、楽しく拝聴させていただきました

音読してみることで、おかしいところを認識できるということを改めて感じました。講座に刺激を受けて、さっそく翌日から新聞記事の書き取り+音読を始めています。また機会があれば、ぜひぜひ参加したいです。

(編集者/35歳/女性)

赤羽さんがことばと文章をいかに愛しているのかが伝わる講座でした

今回は初歩的な内容でしたが、分かっているつもりでも大切な部分を鮮やかに見せていただき、自分の文章を振り返ったり、再確認することもできました。また、赤羽さんが修正した文例の美しさに触れることができたのが快感でした。

(大学客員准教授・サイエンスライター/49歳/女性)

講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…

講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…

◆著書のご紹介

『すぐできる!伝わる文章の書き方』赤羽博之・著(日本能率協会マネジメントセンター)

すぐできる!

伝わる文章の書き方

赤羽博之・著

日本能率協会マネジメントセンター

1,300円+税

◆最新情報は

facebookで発信中

◆最新のブログ記事

大推敲!勝手にビフォーアフター

推敲百話【44】メール作成が苦手な人必見!伝わるメール3つのコツ
>> 続きを読む

推敲百話【43】あなたの文章が“相手にされない”本当の理由
>> 続きを読む

推敲百話【42】「あなたの文章が読まれない意外な理由」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【41】「荷物と修飾語は軽いほうがいい」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【40】「澄むと濁るで大違い」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【39】「日本語はむずかしい」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【38】「環境省が地球温暖化を“推進”する!?」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【37】「“温”と“暖”のややこしい関係」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【36】「コピペで謝罪広告は危険!」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【35】「胸を張って“なすりつける”と言えますか?」の巻
>> 続きを読む

Copyright by Ko-bunsha GK.

All rights reserved.