主な講演・研修

ライタースクール、カルチャーセンターなどでの講義、弊社が直接受託していない企業・団体研修、自治体研修などを除いたものです。

 

>「保育士さんのための“文章力アップ”研修」関連の実績「まとめ」はこちら


■2016年

<12月>

船橋市子育て支援部保育認定課様

(千葉県)

2015年2月、9月に続いて、市内の保育園の保育士約100人の皆さんを対象にした「保育士就業継続支援研修」の講師にお呼びいただきました。

「伝わる文章の書き方・保育士さん編」をカスタマイズしたプログラムに、オプションメニュー「おたより改良ゼミ」の内容を加えた3時間の研修。

前半では事前にお預かりした55種類の「おたより類」から文例を引用しながら、「伝わる文章を書くポイント」「確実な文章力アップのための習慣」などについてお話ししました。

後半30分は「おたより改良ゼミ」。園だより、クラスだより、保健だよりなどのデザイン面、見せ方の工夫などについて、実物を投影しながら解説を進めました。 

 

 日光市社会福祉協議会様

(栃木県日光市)

「広報誌づくり講習会」の講師にお呼びいただきました。1回目=2016年12月、2回目=2017年1月の2回シリーズ。初回は「伝わる文章の書き方」が中心、2回目は「企画の立て方」「写真の扱い方などレイアウトの基本」などをお伝えする「オーダーメイドの講演・研修プラン」をご提案しました。

今回は定番メニュー「すぐできる! 伝わる文章の書き方」をベースに、社会福祉協議会HPから具体的な文例を取り上げるなど身近な素材を交え、「伝わる文章を書くポイント」などについてお話ししました。

 

社会福祉法人砧福祉園 千歳なないろ保育園様

(東京都世田谷区)

2016年6月にスタートした園内研修の6回目。当初は4回の予定でしたが、追加(2回)のご指示をいただきました。お届けしたプログラムは「伝わる文章の書き方・保育士さん編」パート3。パート1、2に引き続き、「ポイントを絞る」「句読点は考えて打つ」、ブレない文章を書く「相手→目的→内容の法則」など、連絡帳、おたより、記録類を始め、さまざまな文章を書くうえで覚えておくと便利なポイントをご紹介しました。

>お客様の声はこちら

 

武蔵野市立 吉祥寺保育園様

(東京都武蔵野市)

園内研修にお呼びいただきました。同じ武蔵野市内、千川保育園様での研修の様子を聞かれたことがきっかけ――とのこと。お疲れのところお集まりいただいた26人の先生方に、連絡ノートやおたより類をはじめ、さまざまな文章を“より伝わるように”書くためのポイントをまとめた定番メニュー「伝わる文章の書き方・保育士さん編」をお届けしました。

「研修内容がわかりやすく“相手に伝える”とはこれなのだと実感しました」(31歳/女性/保育士)「文章を書く上で何に気をつければいいのかが具体的にわかり、とても参考になりました」(○歳/○性/保育士)など、たくさんのコメントをいただきました。

>受講された皆さんの声はこちら

 

 東京都行政書士会 町田支部様

(東京都町田市)

2016年1月に引き続き、行政書士の皆さまの研修会にお呼びいただきました。今回のプログラムは事前に課題文(150字)を提出いただく定番メニュー「伝わる文章を書く7つのポイント」。14本の課題文から「①短く書く」「②重複を省く」など7つのポイントを抽出~個別にフィードバックし、全体で共有していくという2時間。お忙しいなか参加された25名の先生方にお届けしました。

 

2016年

<11月>

安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター様

(長野県小諸市)東京会場

自然学校の若手職員向け研修会で今年も講師を務めました。2014年からお声掛けをいただき3年目となる2016年は、東京・沖縄での開催。第一弾、東京会場では18名の参加者の皆さんと文章について共に学びました。

プログラムは課題文(150字)を事前提出いただく定番メニュー「伝わる文章を書く7つのポイント」を5時間に拡充したもの。課題文の個別講評~全体でのポイント共有、推敲実習、書画カメラを使った添削ライブなどをお届けしました。

 

狭山市福祉こども部保育課様

(埼玉県)

2016年6月に続いて、保育士の皆さんを対象とする研修会「伝わる文章の書き方」の講師にお呼びいただきました。今回は主に私立保育園の保育士さんが対象。90人を超える先生方に定番メニュー「伝わる文章の書き方・保育士さん編」をお届けしました。

 

株式会社吉増製作所様

(東京都あきる野市)

2015年8月に引き続き、「ビジネスライティング研修」の講師にお呼びいただきました。今年度は3回シリーズのオーダ―メイドの研修プランに内容を拡充してのお届け。2回目となる今回は主に「PREP法の基本」「PREP法を使った文書作成法」について、実習~発表を交えながらお伝えしました。

 

全国町村会様

(東京都千代田区)

今年度から開始された事業「地域農政未来塾」の講師にお呼びいただきました。全国各地の町村で農政に携わる20人の若手職員の皆さまにお届けしたのは、定番メニュー「すぐできる! 伝わる文章の書き方」。90分の短い時間でしたが、日頃書かれる「政策文書」にも活用いただける3つのポイントなどについて、全国町村会様のHPなどから具体的な文例をあげながらお話ししました。

>お客様の声はこちら

 

 NPO法人おかげさまのめぐみ舎様

(神奈川県逗子市)

神奈川県逗子市内で保育室2カ所、学童保育施設2カ所を運営するNPO法人おかげさまのめぐみ舎様の全体研修会にお呼びいただきました。参加されたのは20人の職員の皆さま。事前に課題文(150字)を提出いただくスタイルの定番メニュー「伝わる文章を書く7つのポイント」を4時間に拡充したプログラムをお届けしました。

「短く書く」「重複を省く」など7つのポイントを課題文から抽出し、個別にフィードバック~全体で共有するスタイルでの進行。「4時間があっという間でした」「新聞コラムの書き写しは、ぜひ実行してみたい!」など、たくさんのご感想をいただきました。

 

2016年

<10月>

横浜市市民局広聴相談課様

(神奈川県横浜市)

横浜市では市民から寄せられるさまざまな意見、要望などに各部署が答え、その内容をHPで公開する仕組み~「市民の声の公表」を実施しています。この業務(=広聴事業)に携わる職員の皆さまを対象とした研修会にお呼びいただきました。広聴事業の回答文を最終的に決定する立場にある約60名の皆さまにお届けしたのは、定番メニュー「すぐできる! 伝わる文章の書き方」の拡充版。前半110分では実際に公開された回答内容を例文に、伝わる文章を書くポイントを解説。後半の20分は、公開された回答内容を「市民視点」から読み解き、良い点、改善点などについてお話ししました。

>お客様の声はこちら

 

全印刷局労働組合中央本部様

(東京都港区)

「都内で開かれる教宣部長・中央通信委員合同会議に合わせて、組合活動を発信する機関紙づくりについての研修を行いたい」とのご用命をいただきました。全国各地から参加された20名の皆さまにお届けしたのは、定番メニュー「すぐできる! 伝わる文章の書き方」の拡充版。前半2時間を「伝わる文章の書き方」、後半1時間は事前にお預かりした機関紙を教材に、主にデザイン、見せ方の解説などに充てました。

>お客様の声はこちら

 

2016年

<9月>

本田技研労働組合様

(東京都文京区)

書記長全体会議の日程に合わせて開かれた研修会に、お声掛けいただきました。各地の支部、本部から参加された34人の皆さまにお届けしたのは、定番メニュー「すぐできる! 伝わる文章の書き方」。事前にお預かりした「定期大会議案書」の内容を例文にして解説するなど、内容を大幅にカスタマイズ。通常2時間程度のメニューを3時間に拡充して実施しました。

「9月、専従者が切り替わるタイミングでの研修で関心も高い」と伺っていたとおり、質疑応答では具体的な質問をいくつもいただくなど、濃密な180分になりました。

 

京丹後市商工会様

(京都府京丹後市)

京丹後市商工会様から「伝わる文章の書き方セミナー」講師の依頼をいただきました。募集40人のところ、会場には50人を超える会員様――。定番メニュー「すぐできる! 伝わる文章の書き方」を3時間に拡充したプログラムをお届けしました。「文章が伝わらない3大原因」「伝わる文章を書く3つのポイント」について例文を挙げながらお話しし、終盤では、より相手の心に届く文章を書くためのトレーニング法をご紹介しました。

「無意識に長い文章を書いていたことに気づいた」「即実践できる内容であった」「書いて推敲するポイントが良くわかった」など、たくさんのコメントをいただきました 。

>お客様の声はこちら

 

社会福祉法人砧福祉園 千歳なないろ保育園様

(東京都世田谷区)

6月にスタートした園内研修の3回目。計4回実施の“後半”に入りました。お届けしたプログラムは「伝わる文章の書き方・保育士さん編」パート2。パート1に引き続き、「温度差に注意する」「自分の言葉で書く」など、連絡帳、おたより、記録類を始め、さまざまな文章を書くうえで覚えておくと便利なポイントをご紹介しました。

終盤では、「子どもの姿が目に浮かぶ」ような文章を書くために必要な「言葉・表現のストック」を増やしていく具体的な方法についてお伝えしました。

 

コムサポートオフィス様

(兵庫県豊岡市)

本年7月に引き続き、「一生使えるシンプルな法則を半日でマスター! 伝わる文章を書く 7つのポイント」と題したセミナーを企画いただきました。前回から継続してのご参加が5人、初めての方が4人というメンバー。定番メニュー「伝わる文章を書く7つのポイント」の内容を6時間に拡充したプログラムをお届けしました。

このメニューの特徴は、事前に課題文(150字)を提出いただくこと。前半3時間は、「短く書く」「重複を省く」など7つのポイントを課題文から抽出し、個別にフィードバック~全体で共有するスタイルでの進行。後半3時間では、前半で学んだポイントを確認する推敲ワーク、そして直し終えたばかりの文章を投影しながらその場で添削、講評する「添削ライブ!」へ――。終始、質問や意見が飛び交う“濃い”時間となりました。

 

当日の様子をコムサポートオフィス・今井ひろこさんがブログでご紹介くださいました。

 

社会福祉法人 三鷹市社会福祉協議会様

(東京都三鷹市)

学童保育所の保育員の皆さまの研修会にお声掛けいただきました。いただいたテーマは「保護者に伝わる文章の書き方」。定番メニュー「伝わる文章の書き方・保育士さん編」をベースに、事前にお預かりした質問事項~「おたよりのレイアウトのお悩み」「やんわり、しっかり断れる書き方は?」など11項目を組み込んだ2時間のオリジナルプログラムをお届けしました。

>受講された皆さんの声はこちら

>お客様の声はこちら

 

2016年

<7月>

神奈川県行政書士会 相模原支部様

(神奈川県相模原市)

本年1月(東京都町田支部様)に続き、行政書士の皆さまの研修会にお呼びいただきました。

官公庁に届け出る書類、契約書などを作成する専門家、いわば“文書作成のプロ”でいらっしゃる先生方との2時間――。50人を超える皆さまに「すぐできる! 伝わる文章の書き方」の内容を士業向けにアレンジしたオリジナルプログラムをお届けしました。

「わかりやすく、聞きやすく引き込まれる、あっという間の90分でした」「実務でもプライベートでもすぐに使えるヒントがたくさんあった」など、たくさんのコメントをいただきました。

>受講された皆さんの声はこちら

 

 

公益財団法人武蔵野市子ども協会 北町保育園様

(東京都武蔵野市)

保育士の先生方の園内研修にお呼びいただきました。きっかけは同じ武蔵野市内、千川保育園様での研修の様子を聞かれたから――とのこと。お忙しい中お集まりいただいた31名の先生方に、日々の連絡ノートやおたより類をはじめ、さまざまな文章を“より伝わるように”書くためのポイントをまとめた「伝わる文章の書き方・保育士さん編」をお届けしました。

「現場で活かせる、まさにど真ん中な内容の研修だったので、スッと心に入りました」(25歳/保育士)「明日からノートを書くのが楽しみになりました」(30代/女性/保育士)など、たくさんのコメントをいただきました。

>受講された皆さんの声はこちら

 

株式会社吉増製作所様

(東京都あきる野市)

昨年8月に引き続き、「ビジネスライティング研修」の講師にお呼びいただきました。

今年度は3回シリーズに内容を拡充。初回では150字の課題文から文章を書くポイントを抽出~全体で共有していくプログラム「伝わる文章を書く7つのポイント」をアレンジしてお届けしました。

 

 

社会福祉法人清豊福祉会 御所保育園様

(鹿児島県鹿児島市)

保育士の先生方の文章力アップを目指し、2015年9月にスタートした研修会。6回目となる今回は、保育の場面を収録した15分程度の動画を視聴し、個人記録(=連絡帳と連動)を書く――というワークを実施しました。

後半では12人全員のワークシートを投影し、改良できる点などについて具体的に講評~全体で共有していきました。

 

コムサポートオフィス様

(兵庫県豊岡市)

「一生使えるシンプルな法則を半日でマスター! 伝わる文章を書く 7つのポイント」と題したセミナーを企画いただきました。

地元兵庫をはじめ、大阪、京都などから参加くださった皆さんにお届けしたのは、定番メニュー「伝わる文章を書く7つのポイント」の内容を6時間に拡充したプログラム。参加される方には事前に課題文(150字)を提出いただきました。

前半3時間は、「短く書く」「重複を省く」など7つのポイントを課題文から抽出し、個別にフィードバック~全体で共有するスタイルでの進行。後半3時間では、前半で学んだポイントを確認する推敲ワーク、直し終えたばかりの文章を投影しながらその場で添削、講評する「添削ライブ!」へと進めました。

 

当日の様子をコムサポートオフィス・今井ひろこさんがブログでご紹介くださいました。

 

兵庫県商工会連合会様/豊岡市商工会様

昨年6月に引き続き、兵庫県商工会連合会様より「伝わる文章の書き方セミナー」講師のご依頼をいただきました。

豊岡市商工会の会員、60人を超える皆さまにお届けしたのは、定番メニュー「すぐできる!伝わる文章の書き方」。文章の好感度を上げる具体的な方法、より相手の心に届く文章を書くためのトレーニング法などについてお話ししました。

「身近な言葉でとてもわかりやすく説明していただき、実行できそうです」「足りないことが見つかりました。頭の中がスッキリです」など、たくさんのコメントをいただきました。

>受講された皆さんの声はこちら

 

2016年

<6月>

社会福祉法人砧福祉園 千歳なないろ保育園様

(東京都世田谷区)

園内研修会の講師にお呼びいただきました。お届けしたプログラムは「伝わる文章の書き方・保育士さん編」パート1。連絡帳、おたより、記録類を始め、さまざまな文章を書くうえで覚えておくと便利なポイントを具体的な文例を使ってお伝えしました。

この研修では「日中の1時間しか時間が取れない」というご事情に合わせ、約2時間のプログラムを「1時間×2回」に分割。さらに総勢27人の先生方に「2班」に分かれていただき、1時間のプログラムを合計4回実施する――という形で進めていく予定です。 

 

狭山市福祉こども部保育課

(埼玉県)

公立保育所の保育士、臨時保育士の皆さんを対象とする「主任・保育士研修~伝わる文章の書き方」の講師にお呼びいただきました。お届けしたプログラムは「伝わる文章の書き方・保育士さん編」。120人を超える先生方に「伝わる文章を書く3つのポイント」「確実に文章力がアップする習慣」などについてお話ししました。

 

 

鎌ケ谷市健康福祉部幼児保育課

(千葉県)

市立保育園および関係機関職員の皆さんを対象とする「保育園職員全体研修会」の講師にお呼びいただきました。ご用命いただいたのは「文章力アップ~伝わる文章の書き方~」と題するプログラム。120人を超える保育士の先生方、職員の皆さんに「伝わる文章の書き方・保育士さん編」の内容を90分にギュッと圧縮してお届けしました。

 

2016年

<4月>

社会福祉法人清豊福祉会 御所保育園様

(鹿児島県鹿児島市)

保育士の先生方の文章力アップを目指し、2015年9月にスタートした研修会。5回目となる今回は、2015年に発行された「園だより」の中から文例を集め、「伝わる文章を書く7つのポイント」を駆使して改良する方法をワークを交えながら共有していくプログラム。親子遠足の後でお疲れでしたが、13人の先生方には最後まで集中して聴いていただきました。

 

2016年

<3月>

特定非営利活動法人 これからの学びネットワーク

(広島市)

「プロ編集者から学ぶ“伝わる”文章を書く7つのポイント」と題したセミナーを企画いただきました。参加されたのは、10代~50代まで15人の皆さん。定番メニュー「伝わる文章を書く7つのポイント」を“一日版”に拡充したプログラムをお届けしました。

課題文の講評、推敲実習、書画カメラを使った添削ライブ(その場での講評・添削)を通じて、簡潔で伝わる文章を書く方法について共に学びました。

>受講された皆さんの声(お客様の声)はこちら

 

 

広島県社会福祉協議会様

(広島市)

社会福祉施設・事業所の新任職員(社会人経験2年未満)の皆様の研修会にお声掛けいただきました。テーマは「読み手に伝わる文章力基礎研修」。24人の若手職員の皆さんに、個人ワーク~グループでのシェアを交えながら、「伝わる文章を書く7つのポイント」の内容を中心にお話ししました。

 

2016年

<2月>

日本生活協同組合連合会 組合員活動部様

(東京都渋谷区)

職員の皆さまの研修会にお声掛けいただきました。事前のヒアリングで「あれこれと盛り込み過ぎて、長くなる傾向がある」などの問題点を伺い、17本の課題文をそのまま文例としたオーダ―メイドの研修プラン「『伝わる文章を書く7つのポイント』を仕事に活かそう!」をお届けしました。「紹介された7つのポイントは、すぐできるコツだ。企画の報告を書く時に使えそうだ」「お話を聞くと当たり前のことがいかにできていなかわかり、大変おもしろい3時間だった」など、たくさんのコメントをいただきました。

>受講された皆さんの声(お客様の声)はこちら

 

2016年

<1月>

東京都行政書士会 町田支部様

(東京都町田市)

行政書士の皆さまの研修会にお呼びいただきました。官公庁に届け出る書類、契約書などを作成する専門家、いわば“文書作成のプロ中のプロ”でいらっしゃる25名の先生方との2時間――。「すぐできる! 伝わる文章の書き方」の内容を士業向けにアレンジしたオリジナルプログラム「伝わる文章の書き方(士業の先生方編)」をお届けしました。

 

武蔵野市立 南保育園様

(東京都武蔵野市)

保育士の先生方の園内研修会にお呼びいただきました。きっかけは同じ武蔵野市内、千川保育園様での研修の様子を聞かれたから――とのこと。お集まりいただいた12名の先生方に、日々の連絡ノートやおたより類をはじめ、さまざまな文章をスッキリ簡潔に書くための「伝わる文章の書き方・保育士さん編」をお届けしました。

「文例がたくさんあり、良い例も悪い例も見せていただけたことで、すごくわかりやすかったです。おもしろくて、あっという間の2時間でした!」(○歳/保育士)など、たくさんのコメントをいただきました。

>受講された皆さんの声はこちら

 

安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター様

(長野県小諸市)熊本会場

自然学校の若手職員のために企画された研修会「書く・話す・まとめるを とことん鍛える3日間」。2015年11月の小諸会場からスタートし4回目(最終回)は熊本会場。13名の参加者の皆さんと文章について共に学びました。

プログラムは定番メニュー「伝わる文章を書く7つのポイント」(内容を5時間に拡充)がメイン。課題文の講評、推敲実習、書画カメラを使った添削ライブ(その場での講評)へと進めました。

 

社会福祉法人清豊福祉会 御所保育園様

(鹿児島県鹿児島市)

保育士の先生方の文章力アップを目指し2015年9月に2回にわたり実施した「伝わる文章を書く7つのポイント」研修。その後11月には7つのポイントを確認していく「おさらいワーク研修」をお届けしてきました。

4回目の研修となる今回は、昨年9月の研修の際に書いていただいた課題文(150字)を7つのポイントを生かしながら書き直していく「推敲実習」と、推敲された文章を書画カメラで投影し“その場”で添削・講評する「添削ライブ」を組み合わせるプログラムで実施しました。

 

公益財団法人武蔵野市子ども協会 千川保育園様

(東京都武蔵野市)

2015年5月、10月に引き続き、園内研修会の講師にお呼びいただきました。今回お届けしたのは「伝わる文章の書き方・保育士さん編」~2度目のおかわり!と題した2時間のプログラム。20人の先生方に事前提出いただいた課題文(150字)から「伝わる文章を書く7つのポイント」を抽出~全体で共有していく進行。保育士の皆さん一人ひとりの文章のクセや改善方法などを具体的な文例を使い、お伝えしました。

「前回のお話を聞いて『自分の文章を読んでもらいたいな』と思っていました。今回、個別にコメントいただけたことで、自身の課題が明確になりました。一歩前進です」(○歳/保育士)など、たくさんのコメントをいただきました。

>受講された皆さんの声はこちら

 



講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…