推敲百話【29】「上場記念日の残念な広告」の巻

モンダイな文章を推敲で解決する「勝手にビフォーアフター」。

久々の更新となる今回、おなじみ新聞広告の登場です。

今朝、日経を読んでいると、

カラダがよじれてしまうような広告の文面が目に止まりました。

“違和感センサー”が反応した問題箇所とは?

失礼ながら“勝手に”推敲いたします。
一部上場“記念日”の広告だったのですが……

現在、携帯電話の普及率は、

世界人口の75%にまで浸透しているという。

 

【推敲のポイント】

日経新聞ではおなじみの「本日上場」という企業広告。

あの「パソコン用メガネ」をヒットさせた某メガネメーカーの

全15段(=1ページ)を眺めていると、

なんとも落ち着かない一節に目が止まりました。

 

この問題点は以前にも取り上げたことがあるのですが、

やはり、油断すると起きるのですね。

しかも企業にとっては「社史に残る」広告の文面で……。

(広告の責任者の方、今宵はどちらにいらっしゃいますか?)

 

あらためて申し上げるまでもなく、

「普及率は→浸透している」というところ――。

「主と述」が正しく結びついていません。

 

丁寧に確認(オススメは音読!)さえすれば、

発見できたと思うのですが、

この物件は「残念な日本語」のまま、世に出てしまったのです。

 

ちなみに企業スローガンは「未来を見るメガネ」

未来だけではなく、

今後は「広告の文面を見るメガネ」も、ぜひ……。

 

【Before】

現在、携帯電話の普及率は、

世界人口の75%にまで浸透しているという。

【After】

現在、携帯電話の普及率は、

世界人口の75%にまで達しているという。

 

上記のように「普及率は→達している」とするか、

または……

 

現在、携帯電話は、

世界人口の75%にまで浸透しているという。

 

「携帯電話は→浸透している」とするか。

いずれかが、わかりやすい推敲例といえるでしょう。

 

それにしても、

「世界人口の75%」って、誰が調べたのでしょうかね……。

そちらも(主述のすれ違い以上に!)心配になります(笑)

 

【今後へのメモ】

直接メガネについて述べた部分ではなく、

いわば“外堀を埋める”段階での痛恨のミス――。

 

広告代理店の担当者、責任者の方はじめ、

多くの皆さんがチェックされたにもかかわらず、

やはり、ミスは起きてしまう。

 

私自身も、

あらためて「言葉や文章」を扱う仕事の難しさ、

そして、怖さを確認することになりました。

 

お互いに気をつけてまいりましょう!

 

ちなみに、

人生の大半の時間をモニターの前で過ごす私も、

これをご縁に「青い光」のカットを検討したいと思います。

 

ありがとうございました。


>>推敲百話【28】「スッキリしないN経TEST」の巻へ

>>推敲百話【30】「落雷の数え方」の巻へ

◆次回セミナー

公開講座のご案内は、こちらにございます! 

◆赤羽博之のFacebookページへ

https://www.facebook.com/hiroyuki.akabane

◆著書のご紹介

すぐできる!伝わる文章の書き方 赤羽博之・著

日本能率協会マネジメントセンター・刊 1,300円+税

講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…

◆著書のご紹介

『すぐできる!伝わる文章の書き方』赤羽博之・著(日本能率協会マネジメントセンター)

すぐできる!

伝わる文章の書き方

赤羽博之・著

日本能率協会マネジメントセンター

1,300円+税

◆最新情報は

facebookで発信中

◆最新のブログ記事

大推敲!勝手にビフォーアフター

推敲百話【43】あなたの文章が“相手にされない”本当の理由
>> 続きを読む

推敲百話【42】「あなたの文章が読まれない意外な理由」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【41】「荷物と修飾語は軽いほうがいい」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【40】「澄むと濁るで大違い」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【39】「日本語はむずかしい」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【38】「環境省が地球温暖化を“推進”する!?」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【37】「“温”と“暖”のややこしい関係」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【36】「コピペで謝罪広告は危険!」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【35】「胸を張って“なすりつける”と言えますか?」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【34】「変身するプリンタ用紙」の巻
>> 続きを読む

Copyright by Ko-bunsha GK.

All rights reserved.