推敲百話【30】「落雷の数え方」の巻

モンダイな文章を推敲で解決する「勝手にビフォーアフター」。

久々の更新となる今回は、モノの数え方の登場です。

ここ数日間、東京近辺では電車も止まるほどの雷雨に見舞われています。

某大手ポータルサイトの「落雷情報」を見たところ、

少々怪しげな物件に“違和感センサー”が反応したのですが……。

失礼ながら“勝手に”推敲いたします。
確かにパンチ力のある表現ですが……

落雷1発が+マーク1個で表示され、

発生時間帯により色分けされています。

 

【推敲のポイント】

世の中のあらゆるモノには、数え方がある――。

これはご説明するまでもないことですね。

 

馬やゾウは1頭、猫や犬は1匹。

これらは、おおまかな大きさで区別します。

(共同通信社『記者ハンドブック』第12版)

 

ユニークなところでは、

三味線「さお・丁」、太鼓は「張り」。

このあたりは有名でしょうか。

ほかに、

なぎなた「振り」、はかま「腰」。

これらは私も“数えた経験”がありません……。

 

さて、肝心の「落雷」の数え方は?

残念ながら『記者ハンドブック』(前出)には出てきません!

掲載のある、養殖池「面」、香炉「基」などよりも、

数える頻度は高そうですが(笑)

 

ここで、ひと昔前の編集者ならば、

「大宅文庫へ行ってきま~す!」で、半日仕事だったのですが、

さっそくネットでいくつか当たってみることにしましょう。

 

【1】IBC岩手放送さんのサイトには、

「閃光」は「1本・2本」で、「落雷」は「1個・2個」で数えます。

という記載があります。

 

【2】『日本人の数え方がわかる小事典』

(飯倉晴武;PHP新書)には、

雷の閃光は本、あるいは条、閃、筋などで数え、落雷は個である。

という記載があることが分かりました。

 

どうやら「個」が有力のようです。

 

【3】本家「気象庁」のサイトを見ると、

落雷そのものは「個」。

被害が発生した落雷害は「件」。

と、数えています。

 

ここまで調べてみた限りでは、やはり「個」が一般的なようです。

落雷を「~発」で数えるのは、

ポータルサイトに情報を提供している企業特有の流儀なのでしょう。

 

ちなみに、

「~発」で数えるものといえば、

花火、ミサイル、パンチ、おなら、大砲、銃弾、銃声、爆弾……。

何か「破裂」「爆発」する感じのものですね。

 

ほかに

「ファイト一発!」「リーチ一発」も有名?ですが、

これは意味が違うようです。

 

【Before】

落雷1発が+マーク1個で表示され、

発生時間帯により色分けされています。

【After】

落雷1個が+マーク1個で表示され、

発生時間帯により色分けされています。

 

いちおう水戸黄門の印籠のように、

【Before】→【After】のカタチにしてみましたが、

それが「流儀」であれば、

もちろん、あえて修整する必要がないことは明らかです。

 

【今後へのメモ】

「1発」を「1個」に入れ換えて気づいたのですが、

「1個→1個」と明らかに言葉が重複します。

 

この気象サービス会社さん、

日本語としての美しさを優先し、

「個」の重複を回避されたのかもしれません……。

 

今度、機会があれば伺ってみたいと思います。

ありがとうございました。


>>推敲百話【29】「上場記念日の残念な広告」の巻へ

>>推敲百話【31】「美味しくなりました」の巻へ

◆次回セミナー

公開講座のご案内は、こちらにございます! 

◆赤羽博之のFacebookページへ

https://www.facebook.com/hiroyuki.akabane

◆著書のご紹介

すぐできる!伝わる文章の書き方 赤羽博之・著

日本能率協会マネジメントセンター・刊 1,300円+税

講演・研修、文章講座の

ご相談、ご依頼などは…

◆著書のご紹介

『すぐできる!伝わる文章の書き方』赤羽博之・著(日本能率協会マネジメントセンター)

すぐできる!

伝わる文章の書き方

赤羽博之・著

日本能率協会マネジメントセンター

1,300円+税

◆最新情報は

facebookで発信中

◆最新のブログ記事

大推敲!勝手にビフォーアフター

推敲百話【43】あなたの文章が“相手にされない”本当の理由
>> 続きを読む

推敲百話【42】「あなたの文章が読まれない意外な理由」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【41】「荷物と修飾語は軽いほうがいい」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【40】「澄むと濁るで大違い」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【39】「日本語はむずかしい」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【38】「環境省が地球温暖化を“推進”する!?」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【37】「“温”と“暖”のややこしい関係」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【36】「コピペで謝罪広告は危険!」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【35】「胸を張って“なすりつける”と言えますか?」の巻
>> 続きを読む

推敲百話【34】「変身するプリンタ用紙」の巻
>> 続きを読む

Copyright by Ko-bunsha GK.

All rights reserved.